長崎の引越しは、ながた引越しセンター

お問い合わせ・お見積り依頼はお気軽にお問い合わせください!
東長崎営業所 095-839-1983 中央営業所 095-847-3355

コラム


暖かいお部屋選び

2020/12/25

こんにちは、ながた引越しセンターです。月に1回引越しに関するコラムを掲載しております。
年末も近づき、お正月の足音が聞こえてきました。比較的暖冬だった昨年から一転、今年は秋からしっかりした寒さを感じる冬となってきています。みなさんのお部屋の寒さ対策は大丈夫でしょうか?
賃貸のお部屋にお住まいの場合、なかなか思いどおりに部屋に手を加えることが難しいため、引越し時点でしっかりと部屋のつくりを調べてから選ぶことが大切になってきます。
今回は暖かいお部屋選びについてお話します。

■高層の集合住宅は機密性が高め
一般的に高層のマンションなどは防音などのため気密性が高いところが多いとされています。
こういったものはそのまま保温性が高い場合が多く、冬など寒い時期にずっと暖房機器に頼りっきりでなくても暖かさを感じる、といった環境でもあります。
機密性が低い建物の場合保温効果が低いため、外の寒さに室内の温度が左右されやすくなります。
もちろん防音性イコール保温性ではありません。
床材にしっかりした木材のフローリングが使われている場合などは、肌触りなど質感は良いですが足音などが比較的響きやすくなりますが、壁などにしっかりとした防音性、保温性の高い材質が使われていたり、窓が気密性の高いものが使われていると保温効果が高かったりします。

■日当たりだけでは判断できない。
上でも触れたように、大切なのは床や壁、窓などの外暖性です。特に窓などは最近ではペアガラス、二重ガラスというような窓ガラス、そして窓枠の外暖性高いものが増えてきました。
こうした素材が使われているお部屋は冬の寒さ対策がしっかりしていることが期待できます。
お部屋選びをする時に日当たりを気にすることは一般的な考え方で、もちろんこれには十分な効果がありますが、日が弱い日や夜などは一気に冷えてしまいますので、恒常的に寒さ対策が出来ている部分をしっかりと見定めることもおすすめします。

■レイアウトにも注目
お部屋の中でも窓のそばというのは、やはり外気の影響をうけやすい場所になります。
お部屋のレイアウト的にも大きな窓や角部屋で窓が多いと解放感がありますが、温度変化も受けやすいということを忘れてはいけません。
お部屋のレイアウトとしてベッドが窓に近い位置に配置していると、夜間、そして明け方の寒さで睡眠をさまたげられる、なんてこともあります。

■自分でも出来る寒さ対策
リフォームなど大きな改修をせずとも寒さ対策はすることができます。上でも触れたように特に窓際の寒さ対策はおおきな効果があります。遮光性の高く、しっかりと窓の下までをフォローできる長さのカーテンを使うだけでもかなり外気を遮断できます。
または寒い時期だけカーペットを使用したりドアの隙間を防ぐテープを試すなども効果があります。

いかがでしたか?
引っ越し時のお部屋選びでは内観のタイミングでの気温環境だけでなく、1年を通したお部屋の住みやすさをみこしたチェックをすることで、快適なくらしをすることが出来るようになります。
それでは次回のコラムもお楽しみに。

お電話でのお問い合わせ 095-839-1983 当日お引越しの際はこちらにお電話ください!
メールでのお問い合わせ お問い合わせ
簡単引越しお見積り お見積り