お問い合わせ・お見積り依頼はお気軽にお問い合わせください!
東長崎営業所 095-839-1983 中央営業所 095-847-3355

コラム


秋冬時期の引っ越し

2020/10/21

こんにちは、ながた引越しセンターです。月に1回引っ越しに関するコラムを掲載しております。
今回はお得な秋冬時期の引っ越しについてお話します。

■11~2月ごろの引っ越しはお得
引っ越しのピーク・繁忙期は3~4月の進学・就職時期、そして8~10月の秋季の転勤など社会人の引っ越し時期と言われています。そのため11~2月前半の秋冬の時期は引っ越し件数が少ないため、賃貸物件や引っ越し業者がお得に探せる場合があります。
引っ越し物件自体、全体として選択肢はやや少なめではありますが、動きも少ないため慌ててお部屋を決めてしまわずじっくりと見比べることが出来るというメリットがあります。
引っ越しの運送業者への依頼についても、時間指定の都合がつけやすかったり、スタッフの余裕もあることから繁忙期と比べるとより丁寧で安心の引っ越しが期待できます。

■寒さと天候に注意
秋冬時期の引っ越しは夏の暑い時期とは別の注意点があります。夏の暑い時期は熱中症、水分補給に注意が必要となりますが、秋冬時期の引っ越し作業では寒さや作業で暑くなってしまう体温調整への注意が必要です。
引っ越し作業では普段はあまり動かさない家具の移動などもあるので、部屋にほこりが舞いやすくなります。
ですのでしっかりとした換気をする必要があります。このため窓などは開けっぱなしの状況が多く、かなり寒く感じる状態での作業となります。その為しっかりとした防寒対策の服装をとることになりますが、
引っ越し作業はなかなかの運動量となるため、寒いと同時に汗をかいてしまいます。
この汗が冷えると体温も奪ってしまうため汗対策は十分注意をしましょう。また気温が低いため気を緩めがちですが、発汗で失われた水分の補給もしっかりとしましょう。

■ストーブの燃料に注意
灯油など燃料を利用する暖房器具は引っ越し前にしっかり中身を空にしておきましょう。燃料が残ったままだと引越し業者が運搬することができません。事前に使い切るか、当日に使い切る分だけに調整しておくか、電気などで使える暖房器具を当日使うようにするかなどの工夫が必要です。

■地域によっては積雪にも注意
冬の時期の引っ越しでは降雪、積雪にも注意が必要です。基本的に降雪、積雪では引っ越しは決行されます。
その場合、足元が滑りやすく怪我をしやすくとても大変な作業になります。また濡れた足元で屋外と屋内を行き来しがちのため、こうした対策も必要です(床に段ボールなどを敷く、履き替える靴下などを用意するなど)。
また家具など木製製品で濡れるとシミになってしまうもの、水分厳禁の家電製品などのしっかりとした梱包も大切です。

いかがでしたか?
比較的空のある秋冬の引っ越し事情ですが、急に年末に引っ越しの必要が出来る場合などは引越し業者が希望日に営業をしているか、依頼を受けてもらえるかについての注意が必要です。
それでは次回のコラムをお楽しみに。

お電話でのお問い合わせ 095-839-1983 当日お引越しの際はこちらにお電話ください!
メールでのお問い合わせ お問い合わせ
簡単引越しお見積り お見積り