お問い合わせ・お見積り依頼はお気軽にお問い合わせください!
東長崎営業所 095-839-1983 中央営業所 095-847-3355

コラム


引越し時の不要なごみの処分

2020/09/18

こんにちは、ながた引越しセンターです。
月に1回引越しに関するコラムを掲載しております。
今回は引越し時の不要なごみの処分についてお話します。

■引越しで出るごみは意外に多い
引越しをする際には引越し先に持っていくもの、持っていかずに処分をするものが出て来ます。
持っていく手間や金銭的コスト面からも新しく買い替えた方がいいと思うものや、よく考えると数年使っておらずこれからも使う予定がなさそうなもの、断捨離として身の回りのものをスリムにしようと考えると多くの処分品が出ることがあります。
ほとんど全部引越しで持っていくから大丈夫と思っていても、意外に多くの不用品・ごみが出てしまうものです。
例えば、棚や机など家具の下に床を保護するために敷いていた緩衝材や、家具をずらして発見された思ってもいなかったごみ、最後に掃除に使った使い捨ててもいいようなお掃除グッズなど、せっかくだから処分していきたいものというのは意外と出てくるものです。

■不用品の処分と荷造りは事前に計画的に
不用品回収の必要な大型のごみや、リサイクルとして回収が必要なごみなどは指定の業者に事前に依頼し、業者の回収予定に合わせて指定場所に出す必要があるため、引っ越し予定日ぎりぎりになって行動し始めるとタイミングが合わなくなってしまうことがあります。
一般の家庭ごみとして出せるような大きさのものでも、地域のごみ出しの日と引っ越しの予定日が合わないと当日にごみとして出すことが難しいケースもあります。
こうしたことが起こらないためにも荷造りや持っていくもの、持っていかないものの分別は期日に余裕を持って計画的にしておきましょう。

■引越しごみの回収も依頼できるか相談する
引越し業者には引越し時にごみの回収を依頼できるところもあります。引越しの見積などと一緒に、事前にこうした相談をし処分を依頼することも出来ると、普段ゆっくりと引越しの前準備をする時間を取るのが難しい忙しい生活をしている人には大変助けになります。

いかがでしたか?
ごみの回収は自治体などから指定と許可を得ている事業者以外が回収し運搬することは認められていません。違法にごみの収集をする業者は不法投棄などの懸念があるためです。
引越しとともに不用品の引き取りも依頼したい場合、しっかりとごみの処分も事業として行うことが出来る引越し業者に依頼するように注意をしましょう。
それでは次回のコラムをお楽しみに。

お電話でのお問い合わせ 095-839-1983 当日お引越しの際はこちらにお電話ください!
メールでのお問い合わせ お問い合わせ
簡単引越しお見積り お見積り