2018/12/27
引っ越し作業をどこまでおまかせできるかについて

こんにちは、ながた引越しセンターです。
月に1回引越しに関するコラムを掲載しております。
みなさまのお役にたてるような情報を配信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。
引っ越しをする際、大きな家具など自分たちで運ぶことが難しいものがあり、引っ越し業者に依頼をされる場合は多いと思います。
初めて引っ越しをする方やあまり引っ越し経験がない方だと、引っ越しの荷物の準備や運搬などどこまでを引っ越し業者にお願いできるかかわからないこともあるかと思います。
今回は引っ越し作業をどこまでおまかせできるかについて紹介します。

■引っ越し業者に依頼する際に確認
引っ越し業者に依頼すると決めた場合、まずは見積りのために場所としてどこからどこまでの引っ越しなのかや希望時期、何人分くらいの荷物があるか、など引っ越しの条件を聞かれることかと思います。
またどういった作業までを引っ越し業者に依頼するのか、ということも決めます。
大まかに
・梱包材の貸し出しが必要か
・梱包作業を依頼するか
・大きな家具の荷造りを依頼するか
・荷物の搬入・搬出
・荷ほどき
などがあります。
一つ一つ決めていく場合もありますし、こうした項目のうち大きな家具の荷造り・荷物の搬入・搬出のみを業者に依頼する格安のお得なプラン、梱包材を事前に貸し出してもらい、事前に自分で梱包作業を行っておき、当日には大きな家具の荷造りといった自分で行うことが難しいことと荷物の搬入・搬出を業者にやってもらい、荷ほどきは自分で行うといった標準プラン、梱包材の貸し出しから荷物の荷造り・荷ほどき、搬入・搬出のすべてをお願いできるとても楽なプランというふうにプランとして選ぶことを簡単にしている業者もあります。

■時間や引っ越し作業の慣れ具合から選びましょう
上のように引っ越し業者への依頼内容を選べる場合、梱包のための箱や荷造りなどの準備の時間を節約するためにそうした部分までまかせるプランを選ぶというのもありかと思います。
しかしそれだけではなく引っ越しの荷造りは意外とコツが必要です。
一つの箱に詰めすぎると運ぶのも大変になったり、荷物を建物から搬出するときに梱包が崩れてしまったりなんてこともあります。
割れ物など中の荷物が破損しないようにうまく梱包するというのもコツがいりますし、運ぶ荷物で壁など傷をつけないようにするのも少し経験が必要です。
少しでも難しそうだなと思われる場合、引っ越しにかかる出費はかさんでしまうかもしれませんが、プロにまかせるほうが結果的によかった、ということもあるかと思います。

■引っ越しに伴う手続きなども相談してみよう
引っ越しでは引っ越し先の事前に水道・ガスや電気の申し込みの必要や、引っ越し後住所変更の手続きなど荷物の運び込み以外でもいろいろなことが必要になってきます。
こういったことも簡単な質問などはお答えできる場合もあります。
そのほか当日の天候によって運搬ができるのか、など疑問に思っていることは見積や依頼といっしょに気軽に相談してみましょう。

いかがでしたか?大きな荷物運搬のための車両などの手配以外にも引っ越しのプロはお力になれることもありますので、ぜひ利用してみることをおすすめします。
また次回のコラムをお楽しみに。



ページのトップへ戻る