2018/7/20
夏の引っ越しについて

こんにちは。ながた引越しセンターです。
月に1回引越しに関するコラムを掲載しております。
みなさまのお役にたてるような情報を配信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。
今回は夏の引っ越しについて紹介します。

■夏の引っ越し事情
引っ越しのピークは進学・就職シーズンの春、または過ごしやすく転勤などもある秋です。
一般的に夏は引っ越しのシーズンとしてはオフシーズンです。
その為、年明けから6月頃までにかけた引っ越しの動きの後に残った物件からの引っ越しにはなりますが、その為残った物件を貸し出したいために全体的に敷金、礼金が安くされる傾向もありますので費用節約を考える場合、夏の物件探しは意外におすすめです。
また引っ越し業者の予定をいれる場合にもスムーズにすすめれるといったメリットもあります。
またお盆の時期に引っ越しは縁起が悪いと考える方もいるため、引っ越し料金についても割引が見込める場合もあるようです。

■引っ越しの物件下見にもメリット
夏は暑く、外を歩き回るのは大変です。しかしこの時期の物件探しは実際に夏の厳しい時期に部屋がどういった状況かを確認できるとてもいいチャンスでもあります。
集合住宅は気密性も高いため、冬の寒さには強いですが、夏過ごすには大変な場合もあります。
春秋の過ごしやすい時期に引っ越し物件を決め、夏になってみると思ったよりも過ごしにくい部屋だった、なんてこともあります。
夏の物件探しは大変ではありますが、実際に夏の物件の状況を確認できることとなり非常に有用です。

■熱中症に注意
夏の物件選び、引っ越し準備は熱中症に注意が必要です。涼しい室外と暑い屋外の出入りを繰り返していると体温調節も大変になり、疲れやすくなります。また日焼けすると疲労にもつながります。こうした体調の管理とともに水分・塩分摂取には十分注意が必要です。
熱中症の症状がでるとめまいや立ちくらみなどを起こし倒れてしまいます。
熱中症には十分注意し、素敵な物件探しができればと思います。

いかがでしたか?
夏という引っ越しのオフシーズン、そして実際に夏の気候の物件をみれるというメリットのある夏の引っ越し、ひとつの選択肢として十分にオススメします。
ではまた次回のコラムもお楽しみに。



ページのトップへ戻る